お肌の乾燥は化粧水が原因のことも!

お肌を守るために化粧水を選ぼう

お肌が最近、乾燥する、
カサカサする、痛みやかゆみがある、
などの原因はお肌に化粧水が合っていない可能性があります。

いままで何気なく使っていた化粧水でも、
使いづけることで、
アレルギーのように過剰にお肌が反応してしまい、
お肌の乾燥や荒れの原因につながってしまうこともあります。

お肌が乾燥している時には、
保湿や乾燥を補う化粧品をうまく組み合わせることで、
お肌を上手にケアすることがポイントです。

お肌が乾燥するとき、
化粧品の対策としては次の方法が有効です。

・保湿にメインとした化粧品に変えてみる
・お化粧の吹き残しに注意する
・今までとは違う刺激の少ない化粧品を選ぶ

保湿をメインにした化粧品は、
現在bbクリームなどをはじめとして、
多くの商品がメーカーから販売されています。

化粧をされた時には、化粧水の
涼しさや冷たさでお肌に
潤いを感じたように思っても、
時間が経ってからお肌から水分が失われ、
結果として荒れてしまうことも十分にあります。

そのため、お肌の荒れが気になる方は、
なるべく長時間、効果が続く保湿の
化粧水を使うようにすることをお勧めします。

また、毎日メイクを落とす時に使用される
化粧水では、吹き残しがないか、ということも
お肌が荒れるチェックポイントになります。

お肌にお化粧の粉などが残ってしまうと、
それが原因でお肌が荒れてしまうことがありますから、
完全に取り除けるようにされることをお勧めします。

また、長く同じ化粧水を使われていると、
その化粧水に対してお肌が耐性を持ってしまい、
アレルギー反応のようにナーバスに反応してしまっている
可能性もあります。

このような場合、低刺激、無添加などの
化粧水に変えてみることもお勧めです。

全体的にお肌に与える化粧の負担を少なくすることで、
乾燥でお肌が受けるダメージを少なくすることができますから、
お肌の荒れが気になったら、
一度化粧水を見直してみることをお勧めいたします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ