お肌のかゆみは乾燥が原因に

かゆみの乾燥肌は早めに対応することがポイント

冬になるとお肌が荒れる、
露出しているお肌の部分がかゆい、
などは乾燥が原因でお肌が荒れていることがあります。

いままではほとんど気にならなかったとしても、
お肌の荒れが原因でかゆみや痛みを
伴うようなことがあるでしょう。

一度、お肌が荒れてしまうと、
なかなかかゆみが取れない、という場合、
乾燥が原因となっていることがあります。

乾燥した日にお肌が荒れることが
多い方は次の対策を心掛けて下さい。

  • お肌の露出部分を減らす
  • 保湿クリームを使う
  • UVカットクリームを使う

かゆみや痛みを伴う方の場合、
露出されているお肌が「敏感肌」のように、
外部の刺激に過剰に反応している場合があります。

どのような外部の刺激がかゆみにつながっているか、
はっきりしない場合には、
出来る限りお肌の露出を避けて、
お肌の負担が増えるのを防ぐのが良いでしょう。

また、お肌が荒れている多くの原因は
「保湿」が十分にされていないことにあります。

お肌から水分が失われてしまうと、
若いころのような潤いのあるお肌は失われてしまい、
お肌の荒れや、乾燥が目立ってしまいます。

一度、お肌が荒れてしまうと、なかなか収まらず、
かゆみも長く続いてしまう場合があります。

お肌の保湿には、各メーカーで専門に販売されている
「保湿クリーム」を上手に使うのが良いでしょう。
メーカーごとに含まれている成分なども違うため、
自分に合うタイプを選ぶのが肝心です。

また、夏の暑い日に肌がかゆい、などの
症状が見られる場合、
紫外線が影響している可能性があります。

紫外線は、お肌を黒くするなど、
メラニンやビタミンなど身体に必要な
働きもしますが、必要以上に紫外線にお肌がさららせると、
お肌の角質が傷つかれてしまい、
それがかゆみとなっている可能性があります。

このような場合、UVカットが可能な
保湿クリームやbbクリームなどを活用
されることをお勧めします。

紫外線カットのために、夏の暑い日は、
お肌の露出部分を減らす、
日傘を使うなども有効なのでぜひ意識してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ