化粧水が乾燥肌克服と原因の両方に

乾燥肌の方は化粧品に注意を!

化粧水が乾燥肌の克服と、
原因の両方に関連していることを知っていましたか?

お肌がかさかさになる、
荒れる、痛みやかゆみがある、などの
乾燥肌に悩まされている方は、
普段使われている化粧品で大きく影響してきます。

最初のころは気にならなかった化粧品でも、
長く使い続けることで、影響がはっきりと現れてしまい、
お肌が荒れるなどの理由に直結してしまっていることがあります。

実は、化粧水を長く使うと、
慢性的な乾燥肌になってしまうことがあります。

乾燥肌になるのは次のようなケースが考えられます。

  • 長く同じ化粧水を使用していてお肌が過敏に反応している
  • 化粧水の成分がお肌に合わず乾燥肌になっている

これはお肌が化粧水に過剰に反応してしまい、
かゆみや痛みを伴う現象と良く似ています。
アレルギーの反応とも似ているため注意が必要です。

また、化粧水がお肌に合っていない時は、
すぐにかゆみなどの反応が現れる場合もありますし、
時間が経ってからお肌に荒れが出てしまう、
などの症状が見られることもあります。

個人差がありますが、放置しておくと、
かなり目立ったかゆみや痛みを引き起こすことがありますから、
早めに対処をされることをお勧めいたします。

逆に乾燥肌を抑えるためには、
化粧水を自分に合ったものを変えることで、
症状が緩和、完治することがあります。

bbクリームなど、お肌にあったタイプの
化粧水を選ぶ方法や、
低刺激、無添加の化粧水など、
お肌に対して刺激が少ない化粧水を選ぶことで、
乾燥肌を抑えることができます。

乾燥肌の原因が今まで使っていた
化粧水だと思わず、そのまま使い続けて、
そのために対策を講じてしまうので、
いつまで経っても改善しません。

「今までは大丈夫だった」と思っていても、
化粧水の成分にお肌が過剰に反応してしまっていることもあるため、
もし長く乾燥肌が続くようでしたら、
思い切って新しい化粧水を使うことを試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ